「単品スライド条項」の減額変更請求の運用について

更新日:平成27(2015)年4月3日(金曜日)

ページID:P002832

船橋市では、主要資材の価格が高騰している状況を踏まえ、本市発注の建設工事に関して、【工事請負契約書第25条第5項(単品スライド条項)】の規定に基づく請負代金額の変更を円滑に行うための当面の運用基準を定め、適用してきたところであります。
しかし、平成20年10月以降、鋼材類や燃料油等の主要な建設資材の価格が著しく下落し、請負代金額への影響が生じる恐れがあることから、単品スライド条項に基づき、現契約の請負代金額の減額変更を請求する場合の運用基準を定め、下記のとおり適用することといたしました。

1 対象資材

価格の著しい下落が認められた主要な建設資材(現時点では鋼材類と燃料油の2品目)

2 対象工事

適用日時点で継続中の工事及び今後の新規契約工事で、かつ対象資材の価格下落に伴う減額分が請負代金額の1%を超える工事

3 適用日

平成21年3月24日(火曜日)

工事請負契約書第25条第5項(単品スライド条項)とは・・・

特別な要因により工期内に主要な工事材料の価格に著しい変動を生じ、請負代金額が不適当となったときは、甲又は乙は、前各項の規定によるほか、請負代金額の変更を請求することができる。

ファイルダウンロード

この記事についてのお問い合わせ

技術管理課

〒273-8501千葉県船橋市湊町2-10-25

受付時間:午前9時から午後5時まで 休業日:土曜日・日曜日・祝休日・12月29日から1月3日

アンケートにご協力ください

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。




より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。