食品営業許可申請・届出の手続きについて

更新日:令和元(2019)年5月10日(金曜日)

ページID:P004755

新たに食品に関する営業を始めるときは

継続手続きが必要な場合

変更があった場合

廃業届が必要な場合

食品衛生責任者を変更した場合

新たに食品に関する営業を始めるときは

飲食店、喫茶店、菓子製造、魚介類販売などの食品の製造や販売、添加物を製造しようとするときは、事前に営業許可を受けることが必要です。
営業許可が必要な業種は全部で34業種あり、業種ごとの施設基準を満たしていないと営業はできません。
食品衛生担当では施設基準の説明や食品営業許可の受付を行っていますので、許可対象業種の営業をする際は事前に相談して下さい。
また、営業許可施設には食品衛生責任者養成講習会修了者、調理師、栄養士、製菓衛生師等の資格を有する「食品衛生責任者」を置かなければなりません。
食品衛生責任者が不在の施設は、講習会を受講するなどして資格を取得して下さい。
食品衛生法に基づく許可が必要な営業について

許可の申請の流れ

1 事前相談

施設の工事着工前に、営業施設の構造設備が千葉県条例の基準に適合してるかどうかを確認するため、施設の設計図など施設の概要がわかる図面を持参の上、保健所へ事前にご相談ください

※グリース阻集器(除油装置)の設置については、下水道総務課排水設備係(電話047-436-2646)にお問い合わせください。

2 書類の提出

申請書類は営業開始予定日の1週間くらい前を目安に提出してください。
申請の際、施設検査の日程等の相談をしてください。
なお、窓口での申請受理をもって、営業が許可されるものではありません。書類審査で不備事項があった場合、改善を指導することがあります。

3 施設検査

検査は原則的に以下の表の通り対応しています。
業務の都合により変更となる場合がありますので、必ず事前に窓口又は電話にてご確認ください。 

施設検査
期間 検査曜日
平成30年4月30日まで 月曜日・木曜日(祝日、年末年始等を除く。)
平成30年5月1日以降 火曜日・金曜日(祝日、年末年始等を除く。)

検査の際は、申請者もしくは代理の方が立ち会ってください
なお、施設基準を満たしていない場合は不適事項について改善した後、再検査を受けてください。

4 許可の決定

施設基準に適合していることを確認した後に営業許可が受けられます。

5 新規講習会

新規講習会を受講してください。
施設検査の際に講習会の日程についてお知らせします。
受講後に営業許可書を交付します。

申請の際にお持ちいただく書類

申請書類は、遅くとも営業開始の1週間前までには提出してください。
(注)法人の場合は、登記してある代表者印を申請書に押印してください。

申請に必要な書類
申請内容 必要書類等
食品営業許可申請書(新規)
  1. 食品営業許可申請書(新規)(第7号様式)
  2. 手数料(参考 食品営業の許可申請手数料について
  3. 別紙 営業設備の大要(2枚1組)
  4. 別紙 平面図及び案内図
  5. 法人の場合
    登記事項証明書の原本及び写し
  6. 水道水以外の水(井戸水等)を使用する場合
    水質検査結果書
  7. 食品衛生責任者設置(廃止)届(別記第1号様式)
    食品衛生責任者の資格を証明する書類の原本及び写し

継続手続きが必要な場合

引き続き営業をされるかたは、営業許可の有効期限が切れる前に営業許可の継続の手続きが必要です。
期限満了前に食品営業許可申請書を提出してください。
(注)許可期限切れにご注意ください。

申請の際にお持ちいただく書類

(注)法人の場合は、登記してある代表者印を申請書に押印してください。

継続手続きに必要な書類
申請内容 必要書類等
食品営業許可申請書(継続)
  1. 食品営業許可申請書(継続)(第7号様式)
  2. 手数料(参考 食品営業の許可申請手数料について
  3. 現に交付を受けている食品営業許可書
  4. 食品衛生責任者票
  5. 検便検査成績書
  6. 自主管理記録簿
  7. 水道水以外の水(井戸水等)を使用する場合
    水質検査結果書

変更があった場合

次のような変更が生じたときは、届出用紙に必要事項を記入し、必要書類と現に受けている営業許可書を添えて提出してください。
また、変更の程度や内容によっては新たな営業許可が必要になる場合がありますので、事前に保健所衛生指導課に相談してください。

届出の際にお持ちいただく書類

(注)法人の場合は、登記してある代表者印を届出書に押印してください。

変更に必要な書類
届出内容 必要書類等
食品営業許可申請事項変更届
  1. 食品営業許可申請事項変更届(第12号様式)
  2. 食品営業許可書(変更事項を許可書に記載するために必要です。)
  3. 法人の場合で名称、代表者の氏名又は所在地等を変更した場合
    登記事項証明書の原本及び写し(変更履歴を確認できるもの)
  4. 個人の場合で姓又は住所等を変更した場合
    住民票など(変更履歴を確認できるもの)
  5. 営業設備を変更した場合(ただし、変更が2分の1未満であり、同一性を失わない場合)
    変更前及び変更後の平面図
    ※営業所の名称、屋号を変更した場合は、上記1、2以外の添付書類はありません。
食品営業許可承継届(相続)
  1. 食品営業許可承継届(相続)(第9号様式)
  2. 除籍謄本
  3. 相続人が2人以上いる場合において、その全員の同意により許可営業者の地位を承継すべき相続人として選定された者にあっては、その全員の同意書
  4. 食品営業許可書(承継事項を許可書に記載するために必要です。)
食品営業許可承継届(合併)
  1. 食品営業許可承継届(合併)(第10号様式)
  2. 合併後存続する法人又は合併により設立された法人の登記事項証明書
    (現法人が前法人を合併した履歴が確認できるもの。)
  3. 食品営業許可書(承継事項を許可書に記載するために必要です。)
食品営業許可承継届(分割)
  1. 食品営業許可承継届(分割)(第11号様式)
  2. 分割により営業を承継した法人の登記事項証明書
    (現法人が前法人を承継した履歴が確認できるもの。)
  3. 食品営業許可書(承継事項を許可書に記載するために必要です。)

廃業届が必要な場合

次のいづれかに該当する場合は、届出が必要です。
2、3、4の場合は廃業手続きが終わった後、新たに営業許可申請を行ってください。

  1. 営業を廃止した場合
  2. 営業所を移転したとき
  3. 営業者の変更(名義変更)
  4. 増改築で営業設備の大要の大幅な変更

届出の際にお持ちいただく書類

(注)法人の場合は、登記してある代表者印を届出書に押印してください。

廃業届に必要な書類
届出内容 必要書類等
廃業届
  1. 廃業届(第13号様式)
  2. 現に交付を受けている食品営業許可書

食品衛生責任者を変更した場合

食品衛生責任者を定めたとき又は変更したときは、届出が必要です。

届出の際にお持ちいただく書類

(注)法人の場合は、登記してある代表者印を届出書に押印してください。

食品衛生責任者の変更に必要な書類
届出内容 必要書類等
食品衛生責任者設置(廃止)届
  1. 食品衛生責任者設置(廃止)届(別記第1号様式)
  2. 食品衛生責任者の資格を証明する書類の原本及び写し

この記事についてのお問い合わせ

保健所衛生指導課 食品指導係

〒273-8506千葉県船橋市北本町1-16-55

受付時間:午前9時から午後5時まで 休業日:土曜日・日曜日・祝休日・12月29日から1月3日

アンケートにご協力ください

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。




より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。