船橋市立 坪井中学校

  • 〒274-0060千葉県船橋市坪井東1-24-1
  • 047-466-3104

学校評議員会

最終更新日:令和元(2019)年8月31日(土)

ページID:P015104

学校評議員制度の概要

学校では、各種法令(中学校設置基準・学校教育法施行規則)に基づき、地域住民の信頼に応え、家庭や地域と連絡協力して一体となって子どもの健やかな成長を図っていくためには、地域に「開かれた学校づくり」を推進していく必要があります。

こうした開かれた学校づくりを一層推進していくため、保護者や地域住民等の意向を把握・反映し、その協力を得るとともに、学校の運営の状況等を周知するなど学校としての説明責任を果たしていく観点から、学校評議員を置いています。

委員は、学区内自治会の代表者、社会教育団体の代表者、PTA役員及びPTA役員経験者、青少年育成関連者(児童委員主任民生委員青少年補導員)、その他(学区内小学校のPTA地域ボランティア等)から構成されています。

学校評議員会の目的

  1. 子ども達の健全育成に対する保護者・地域住民の関心を高め、地域ぐるみの活動を活性化する。
  2. 地域を愛する心豊かな生徒たちを健全育成する観点から、地域住民と子ども達の交流を図る活動を推進する。
  3. 学校外の異なる視点からの意見を得ることにより、教育活動の改善を図り、特色ある教育活動の一層の充実を図る。
  4. 学校・家庭・地域が子ども達の実態を共有するともに、それぞれの教育に対する役割を果たしつつ、ともに活動することを通して、互いの教育力を高める。
  5. 開かれた学校として、家庭の教育力、地域の教育力の推進のための情報交換を図る。

学校評議員の活動

学校評議員会は校長の学校運営に関する権限と責任を前提として、校長の求めに応じ、それぞれの責任において意見を述べる諮問機関です。

  • 学校評議員は、自らの責任と判断により、個人の立場で意見を述べ、学校運営のすべてについて合議したり、学校運営の意思を決定するものではありません。
  • 校長は、その意見を参考にして、自らの権限と責任において学校運営に関する事項の決定を行います。
  • 学校評議員にも守秘義務が課せられます。
  • 学校評議員の報酬等は無償で、費用弁償は行いません。
  • 委員は学校長の推薦に基づき、船橋市教育委員会の委嘱で実施します。その任期は1年間とします。(再選もあります)

意見を求める範囲は、

  1. 教育目標及び教育計画に関する事項
  2. 教育活動に関する事項
  3. 地域との連携の進め方に関する事項等があります。