※このイベントは終了しました 5月27日は“小松菜の日”!! 限定小松菜メニューを食べ歩こう♪

更新日:令和元(2019)年6月6日(木曜日)

ページID:P070064

※この記事はバックナンバーです。令和元年「こまつなう2019」は終了いたしました。

今年も開催します!6日間限定の小松菜食べ歩きイベント

5月27日は、数字の語呂合わせから“小松菜の日”!
この日に合わせ、5月26日(日曜日)から31日(金曜日)までの6日間、40店舗以上の市内飲食店で、船橋産小松菜を使った限定メニューの食べ歩きイベント「こまつなう」が開催されます。

東京の大田市場でも高い評価を得ている船橋産の小松菜。「こまつなう2019」は、特産品である“小松菜”が主役となる大変珍しい食べ歩きイベントです。

小松菜ラーメン、小松菜生春巻き、小松菜コロッケ、小松菜ドーナッツなど…。生産者の熱い思いと愛情たっぷりの小松菜が、各飲食店こだわりのメニューに大変身!40店舗を超える市内の居酒屋やカフェ、レストランで、趣向を凝らした多彩な小松菜料理が堪能できます。

画像 こまつなうの画像 画像

多彩な料理の数々に、カップルや友人同士、ご家族など、子どもからご年配の方まで楽しめること間違いなし。
生産者と料理人がタッグを組んだこのイベントだからこそ味わえる期間限定メニューをぜひお楽しみください!

イベント参加の合言葉は ”こまつなう!”

参加方法は、気になる参加店舗で「こまつなう参加です!」と一言かけるだけ。”食べ歩きイベント”らしく、気軽に小松菜メニューを注文できますよ。イベントの試食会で提供されたほんの一部をご紹介します!

下の画像は、イタリアン・フレンチ「ビストロCOMA 船橋店」の一品。小松菜ソースを千葉県産の豚肉で巻いた「小松菜の肉ロールケーキ」です。小松菜の旨みがアクセントになりつつ食べ応えがあるので思わずお酒がすすみそう。

画像

お次は、スペインバル「Wine&Tapas Callejero(カジェーロ)」の「小松菜のムース~サーモンを添えて~冷たいブールブランソース」です。小松菜の素材を活かすまさに”小松菜主役”の一品。小松菜の風味が爽やかで、これからの季節にぴったりなのではないでしょうか!そのほか、「小松菜と生マッシュルームのサラダ」も用意されています。

画像

続いて、「ホルモン酒場 フナバシ屋」の一品。船橋PRアイドル”船橋ひまわり娘”と共同で考案した「小松菜ひまわりハンバーグ」です。写真映えする見た目はもちろん、ハンバーグの中に小松菜が入っていて、食感も楽しめるこだわりの品。そのほか、ハンバーグに合う「小松菜スムージー」も用意されています。

画像 画像

最後に紹介するのは、キッチンカー「アブーキッチン」の食べ応え抜群な「船橋ばくだんサンド」。小松菜とホンビノス貝が入ったコロッケがサンドされていて、このコロッケと相性バツグンの小松菜ソースがたっぷりとかかっています。船橋の特産であるホンビノス貝の旨みも感じることができる、まさに”船橋づくし”の一品です。そのほか、「ひがふな丼」や「小松菜クレープ」も用意されています。

画像

上記のお店のほかに、40店舗以上ものお店で小松菜メニューが楽しめます!船橋自慢の小松菜が堪能できる6日間。「こまつなう」の合言葉とともに、小松菜料理のはしごをしてみてはいかがでしょうか。

「こまつなう2019」

開催日

5月26日(日曜日)~ 31日(金曜日)

開催場所

市内飲食店(40店舗以上)
※詳しくは、公式ホームページをご確認ください。

料金

各飲食店によって異なります。

船橋の小松菜 ここがスゴイ!

東京の大田市場でも高評価!

青果部において日本一の取扱規模を誇り、その決定価格は日本全国の市場の指標であるといわれている大田市場で高い評価を得ています。過去には船橋産が最も高く値を付けたことも!それほど、質の高い小松菜が生産されているんです。その美味しさの秘訣は鮮度にあり!船橋産の小松菜は美味しさとみずみずしさを保つために”根付き”で一束ずつ丁寧に出荷しています!新鮮なので、フレッシュな味はもちろん、小松菜の高い栄養価を損なわずにいただくことができるんです。

こまつなうの画像

約50種類!?”味の違い”にこだわりあり!

苦みや甘み、シャキッとした歯ごたえなど、”あえて違いを生み出し”生産しています。 種はなんと約50種類!それぞれのお料理や食べ方に合った小松菜を選ぶことで、さまざまな味わいをお楽しみいただけます。

美味しいうえに安心・安全!

市内でも特に小松菜農業が盛んな西船地区の農家で構成される「西船橋葉物共販組合」は、メンバー全員が環境にやさしい農業に取り組む「エコファーマー」の認定を千葉県から受けています。そして、堆肥などの有機質肥料を使った土づくりや定期的な土壌診断、農薬の使用を減らすための防虫ネット使用など、化学肥料の低減につとめています。