愛犬・愛猫セミナー(ペットと共に災害対策)(令和3年度のセミナーは終了しました)

更新日:令和3(2021)年6月29日(火曜日)

ページID:P050257

※新型コロナウイルス感染症の影響により、内容が変更、中止となる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

講座に参加される方は、事前に「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)における犬・猫の適正飼養に関する教室等の実施に向けた感染症拡大予防ガイドライン」及び「しつけ方教室受講時の参加者の感染防止策チェックリスト」をご確認のうえ、ご参加ください。

内容

 万が一の災害発生時にも、ペットと飼い主、周りの人のストレスを最小限にするために、日頃の「しつけ」と「健康管理」が役立ちます。普段の生活で、ペットともっと快適に楽しく暮らしたい方や、ペットの災害対策について不安がある方におすすめのセミナーです。また、災害発生時に飼い主とペットを守る方法や「同行避難」についても学びます。

日程

令和3年6月27日(日曜日)

受付:午前9時30分~
講座:午前10時~午前11時30分

※電話にて事前にお申し込みください

会場

中央公民館 第6・7集会室(船橋市本町2-2-5)

対象者

犬や猫の飼い主、これから飼う予定の方 先着30名(船橋市内にお住まいの方)

※飼い犬、飼い猫の同伴はできません

費用

無料

お問い合わせ・申し込み先

047-435-3916(船橋市動物愛護指導センター)

~まちをきれいに~

犬は散歩のとき

  • トイレを自宅ですませてから散歩に出かけましょう。(しつけを行うことで、自宅でトイレができるようになります。しつけの方法は、動物愛護指導センターへお問い合わせ下さい。)
  • 必ずリードにつなぐ。
  • 道路を歩くときはリードを短く保つ。また、伸縮リード(フレキシブルリード)を長くしての散歩は、犬が轢かれたり他人に怪我をさせてしまうなどの事故の恐れがあるため、短くロックし、周囲に十分注意を払って使用する。
  • ふんの持ち帰り用具を持ち歩き、ふんをしてしまった場合は必ず持ち帰り、紙に包んで可燃ごみとして処理する。
  • おしっこは水で流す。さらに、マナーベルトを着用したり、ペットシーツに吸わせるなどの配慮をしましょう。

飼い猫は屋内飼養に努める

マナーを守って飼いましょう(船橋市動物愛護指導センター)

ファイルダウンロード

-

地図

この記事についてのお問い合わせ

動物愛護指導センター

〒273-0016千葉県船橋市潮見町32-2

受付時間:午前9時から午後5時まで 休業日:土曜日・日曜日・祝休日・年末年始(12月29日から1月3日まで)

アンケートにご協力ください

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。




より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。