台風第15号、第19号で被災した住宅に対して修繕支援を行います

更新日:令和元(2019)年11月14日(木曜日)

ページID:P074107

概要

令和元年台風第15号、第19号により被災した住宅の居住者に対して、令和元年11月1日から修繕工事に要する費用の補助を行う「被災住宅修繕支援事業」を開始します。

申請受付期間

令和元年11月1日(金曜日)から令和2年2月28日(金曜日)まで

補助金の交付は令和2年1月10日以降になります。

補助金の額

対象工事費用の20%(上限50万円)

支援対象住宅

台風第15号、第19号の被害により、罹災証明書で一部損壊以上が認められた自らが居住する住宅

補助対象工事

以下のすべてに該当する工事

  1. 被災した住宅の屋根・外壁等の修繕工事で令和元年9月9日(月曜日)以降に着手し、令和2年2月28日(金曜日)までに完了したもの
  2. 対象工事費が10万円以上(消費税を含む)であるもの
  3. 令和2年2月28日(金曜日)までに支払いが完了したもの※

※なお、工事の完了が令和2年3月以降になるものについては、来年度の予算措置が必要なため、決定次第お知らせします。

対象工事一覧

対象

  • 屋根、柱、床、外壁、基礎など 
  • ドア、窓等の開口部(ガラス、鍵交換含む)
  • 上下水道、ガスなどの配管
  • 電気の配線
  • 換気設備(換気扇など)
  • 衛生設備(便器、浴槽など)
  • 給湯設備(電気・ガス給湯器など)

対象外

〈令和元年11月14日追記〉

  • 網戸
  • 家具・家電製品(エアコン、照明器具、テレビアンテナ等)
  • その他附属物(ソーラーパネル、太陽熱温水器、はね出しのバルコニー、ベランダ、サンルーム等)

※原則として、日常生活に必要欠くことのできず、修理が必要な工事が対象です。なお、壊れていない部分の取り換えや共用部分は対象外です。

利用の流れ

パンフレットはこちら

1.申請書の提出(郵送可)

工事完了後、令和2年2月28日(金曜日)までに以下の書類を住宅政策課に提出してください。

ご記入いただく書類

用意頂く書類

  • 罹災証明書の写し※2  (罹災証明書の発行についてはこちら
  • 修繕工事代金の支払いが確認できる書類(領収書等)の写し※3
  • 修繕工事代金の内訳が確認できる書類(見積書等)の写し※4
  • 同一住居に居住する者全員の住民票
  • 修繕工事完了後の状況がわかるカラー写真

※2申請者またはその世帯の世帯員に対して発行されたものであること
※3領収書等の宛名が申請者本人であること
※4工事の明細が確認できない場合、別途書類を提出していただくことがあります

補助金の交付は令和2年1月10日以降になります。

2.補助金の請求(郵送可)

交付決定通知書が届きましたら、同封された交付請求書をご記入のうえ、1か月以内に住宅政策課へ提出してください。

3.補助金の受け取り

指定の口座に補助金を振り込みます。

申請・お問い合わせ窓口

船橋市湊町2-10-25
船橋市役所6階 建築部住宅政策課 計画係
TEL  047-436-2712

〈参考〉 住宅政策課要綱一覧

ファイルダウンロード

この記事についてのお問い合わせ

住宅政策課

〒273-8501千葉県船橋市湊町2-10-25

受付時間:午前9時から午後5時まで 休業日:土曜日・日曜日・祝休日・12月29日から1月3日

アンケートにご協力ください

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。




より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。