内閣府が作成した防災啓発動画について

最終更新日:平成29(2017)年1月19日(木曜日)

ページID:P050156

 大規模災害に備えるには、行政機関のみならず、民間事業者や市民一人ひとりの取り組みが不可欠です。
 日頃から地震に対して備えるための普及・啓発を目的として、過去の災害記録映像等をもとに内閣府が作成した映像資料を紹介しています。

くまモン特別講座!くまでもわかる!?「地震への備え」(内閣府)

 食料の備蓄や家具の固定など、ご家庭で日頃から取り組める「地震への備え」や、共に助け合う被災地支援などについて、平成28年熊本地震を経験した熊本県のご当地キャラクターのくまモンが説明しています。

東日本大震災の教訓を未来へ~いのちを守る防災教育の挑戦~「釜石市・黒潮町の取組紹介動画」(内閣府)

 東日本大震災時、小中学生が主体的な避難行動を実践し、多数の命が救われたことで知られる岩手県釜石市と、南海トラフ巨大地震の被災想定で最大津波高34ⅿという厳しい数字を示された中「犠牲者ゼロ」を目指し、町を挙げて対策に取り組む高知県黒潮町。この両地域の取組を、中学生や現場で実際に関わっている方々のインタビューを交えながら、防災教育を中心に紹介しています。

 

気象情報
  • ふなばし 災害情報メール配信
  • ふなばし減災プロジェクト