中央公民館の沿革

更新日:平成23(2011)年2月12日(土曜日)

ページID:P010048

 戦後、昭和21年、公民館設置奨励の機運の中で、船橋市では昭和24年4月、船橋市公民館、法典、小栗原、海神、高根分館が発足し、同24年6月社会教育法制定を経て、同25年1月「船橋市公民館条例」が施行され、船橋市公民館と船橋、宮本、海神、葛飾、夏見、高根、三咲、法田の8分館を設置した。同28年8月には、条例を改正し、船橋市公民館「本館」を中央公民館とした。当時の公民館は、本館が市庁舎に併設され、分館は小学校に看板を掲げた「青空公民館」が主であった。

 中央公民館は、昭和30年11月、本町に新築落成した。新築を記念し、美術展、演芸大会等記念行事を行い、また、翌年からは成人式が開催されるなど、社会教育活動他各種活動の拠点として利用された。同43年には全国でも先進レベルに達していた公民館活動が評価され、全国優良公民館文部大臣表彰を受賞した。しかし、船橋駅に近く活発に利用された中央公民館も同47年1月には老朽化に伴い閉鎖され、中央卸売市場内に仮設館として移転した。

 昭和49年に公民館条例の改正により分館制度が廃止され、各公民館は並列の体制となった。公民館は地域コミュニティーの中核施設としてほぼ一年に一館のペースで建設された。中央公民館も仮設公民館から7年ぶりに昭和52年7月、地下1階、地上7階建の県下に誇る大型公民館として新築開館した。また翌年4月に市民の文化の殿堂として市民文化ホールが併設してオープンした。

 以来30有余年が過ぎ、年間利用者が約27万人、サークル団体数150(社会教育関係団体登録数)を超える市内有数の公民館として市民に利用されている。

参照文献

「船橋の社会教育五十年史」(平成9年 船橋市教育委員会)

この記事についてのお問い合わせ

中央公民館

〒273-0005千葉県船橋市本町2-2-5(市民文化ホール)

受付時間:午前9時から午後5時(開館は午後9時30分まで) 休業日:原則毎月最終月曜日(最終月曜日が28日にあたる場合は、21日を休館日とする)・祝休日(祝日が日曜日と重なる場合は、日曜日は開館し、翌日の月曜日は休館とする)・12月29日から1月3日

アンケートにご協力ください

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。




より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。

  • バナー
  • バナー