重機訓練

更新日:平成29(2017)年7月7日(金曜日)

ページID:P030736

緊急消防援助隊車両(重機)の訓練を行いました。

緊急消防援助隊は、平成7年の阪神・淡路大震災の教訓を踏まえ大規模災害が発生した時、国家的観点から人命救助活動を迅速に行うため創設されました。船橋市北消防署行田分署には、同援助隊として、重機が配備されています。平成26年8月の豪雨による広島土砂災害の救助活動に参加した同型の重機で、同様の災害対応のために運用訓練をしました。

説明
緊急消防援助隊車両(重機)
重機操作1
重機操作2
重機操作3
重機操作4

この重機は、油圧切断機、重量物の挟み、金属の切断、コンクリートの破砕、自走式放水など幅広い活動が可能です。さらに、無線操縦による遠隔操作も行えるため、危険地帯での作業が可能となっています。

この記事についてのお問い合わせ

北消防署

〒273-0851千葉県船橋市馬込町902-2

受付時間:9時から17時(緊急連絡は24時間対応) 休業日:無休

アンケートにご協力ください

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。




より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。