第8回 飛ノ台史跡公園博物館・海神中学校・高根台中学校 合同展「日本の美を今に活かした作品展」

更新日:平成31(2019)年3月14日(木曜日)

ページID:P050108

「日本の美を今に活かした作品展」

 飛ノ台史跡公園博物館と海神中学校は隣接し、飛ノ台貝塚の遺物の多くが、海神中学校の敷地より出土しています。そのため平成23年度より縄文土器を活用した美術科の授業を連携して行ってまいりました。今年度、1年生の授業で当館所蔵の縄文土器を教材として活用し、館職員が土器の解説を行いました。生徒は縄文土器のスケッチを通して土器の形や文様を学び、縄文人の祈りと現代における祈りを考え、作品の制作に生かしました。
 また、平成30年度より高根台中学校とも美術科との連携授業を行い、1年生では館所蔵の縄文土器、2年生では土器片を教材として活用し、3年生では土器片の拓本を採りました。そして縄文土器との出会いから、1年生では「日本の美」についてさらに学習を進め身近な生活で使える陶芸作品を、2年生は文様をデザイン化し伝統色を用いた型染めの布巾を、3年生は身の回りにある物の拓本と併せて自分の願いを込めた土偶を貼り絵で制作しました。

1.会期 

平成31年3月17日(日曜日)~4月7日(日曜日)
  ・午前9時~午後5時まで(入館は午後4時30分まで)
   ※4月7日(日曜日)の展示は、正午までとなります。
  ・休館日:毎週月曜日、3月22日(金曜日)

2.会場

飛ノ台史跡公園博物館 1階ギャラリー

3.内容

海神中学校生徒(1学年)と高根台中学校生徒(全学年)が縄文土器から着想を得て創作した美術科作品の展示します。

4.入館料

一般100円・児童生徒50円(市内在住中学生以下無料) 
 ※入館料で企画展、常設展ともにご覧になれます。

5.海神中学校・高根台中学校美術部員による展示作品の解説

3月24日(日曜日)・3月31日(日曜日)
※両日とも午後2時より行います。

ファイルダウンロード

この記事についてのお問い合わせ

飛ノ台史跡公園博物館

〒273-0021千葉県船橋市海神4-27-2

受付時間:午前9時から午後5時まで ※入館は午後4時30分まで 休業日:(月曜日)、(祝日) (休日)の翌日((土曜日) (日曜日) を除く。5月3日から5日は開館)、12月29日から1月3日まで

アンケートにご協力ください

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。




より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。