千葉県北西部地区文化財巡回展「まちづくりのヒストリア -歩いて、掘って、調べて、わかる-」を開催します(終了しました)

更新日:平成30(2018)年9月3日(月曜日)

ページID:P063264

終了しました。

1.展示の概要

千葉県北西部地区は、都心に近いこともあり、昭和30年頃から現在に至るまで、開発によって大小様々な街がつくられてきました。それに伴い数多くの発掘調査が実施され、旧石器時代から現代に至るまでの人々の生活の痕跡が見つかっています。
今回の企画展では、千葉県北西部地区の縄文時代から現代まで、幅広い時代を対象とします。各市の発掘調査や研究の成果から、当時の人々のまちづくりや暮らしの様子をご紹介するとともに、ごく身近な街なかにある遺跡や文化財について考えていきます。

千葉県北西部地区文化財巡回展チラシ表面千葉県北西部地区文化財巡回展チラシ裏面

2.日時

平成30年7月21日(土曜日)から9月2日(日曜日)

3.場所

船橋市郷土資料館3階 第2展示室

4.入館料

無料

5.展示解説

終了しました。
8月4日(土曜日)、11日(土曜日)、19日(日曜日)、26日(日曜日) 各午前11時から正午
郷土資料館3階 第2展示室に集合
※当日自由参加

6.ワークショップ

終了しました。
「縄文土器の拓本をとろう!」
日時 8月19日(日曜日)(1)午後1時から(2)午後3時から ※各回定員15名
参加費 無料
※事前に電話にて申し込み(郷土資料館 047-465-9680)
※小学4年以下は保護者同伴

7.主催

主催 千葉県北西部地区文化財行政担当者連絡協議会・船橋市郷土資料館
(我孫子・市川・浦安・柏・鎌ケ谷・流山・習志野・野田・船橋・松戸・八千代、以上11市の教育委員会)

ファイルダウンロード

この記事についてのお問い合わせ

郷土資料館

船橋市薬円台4-25-19

受付時間:午前9時から午後5時まで 休業日:毎週月曜日、祝日の翌日(土曜日・日曜日は除く)※5月3日~5月5日は開館、年末年始(12月29日~1月3日)

アンケートにご協力ください

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。




より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。

  • バナー
  • バナー