平成30年住宅・土地統計調査の実施について

更新日:平成30(2018)年7月4日(水曜日)

ページID:P062741

平成30年住宅・土地統計調査を実施します

9月上旬から10月にかけて千葉県知事が任命した調査員が、調査対象の世帯へ「調査員証」を携帯して訪問いたしますのでご回答をお願いいたします。

1.調査の目的

住宅・土地統計調査は、我が国における住戸(住宅及び住宅以外で人が居住する建物)に関する実態並びに現住居以外の住宅及び土地の保有状況、その他住宅等に居住している世帯に関する実態を調査し、その現状と推移を全国及び地域別に明らかにすることにより、住生活関連諸施策の基礎資料を得ることを目的とした調査です。実施について

今回の「平成30年住宅・土地統計調査」では、近年において多様化している国民の居住状況や少子・高齢化等の社会・経済状況の変化を踏まえ、住宅のストックのみならず、少子・高齢社会を支える居住環境、耐震性・防火性といった住宅性能水準の達成度や省エネルギー性能住宅、土地の有効利用状況を明らかにすることをねらいとしています。

また、住環境対策として空き家対策の重要性は年々高まっていることから、空き家を含めた住生活の実態を把握することとしています。

2.調査の対象となる世帯

平成27年の国勢調査の調査区の中から、総務大臣が指定した調査区において、平成30年2月1日現在で設定した約22万の調査単位区の中から選ばれた約370万の住戸・世帯を対象として行われます。

3.調査の期日

平成30年10月1日現在で実施します。

4.調査事項

調査は、世帯と現住居・敷地などについて調べる調査票甲と、現住居以外に所有する住宅・土地などの詳細についても調べる調査票乙の2種類の調査票により行い、世帯には決められたどちらか一方の調査票を配布します。

(1)平成30年住宅・土地統計調査 調査票甲
(2)平成30年住宅・土地統計調査 調査票乙

5.調査方法及び調査系統

(1)調査員調査

調査は次の系統により、知事の任命を受けた調査員が調査世帯ごとに調査票を配布し、回収する方法により行います。
【調査系統】国(総務省統計局)→都道府県→市区町村→指導員→調査員→世帯

(2)調査の流れ

(1)9月上旬から調査員が調査対象区域を巡回し、建物の状況等を確認します。また、「調査実施のお知らせ」(リーフレット)を調査対象区域にお住まいのすべての世帯に配布します。

(2)9月中旬に調査対象に選ばれた世帯に調査員がインターネット回答用の調査書類を配布します。一定期間をおいた後、調査対象世帯を調査員が再度訪問し、インターネット回答のなかった世帯には紙の調査票を配布します。

(3)10月1日以降に調査員が紙の調査票を回収に伺います。

(3)回答方法

パソコンやスマートフォンを使ったインターネットによる回答方法と、ご記入いただいた紙の調査票を後日、そのまま調査員に提出する方法、所定の封筒に封入して調査員に提出する方法、または郵送により提出する方法のいずれかを選択しご回答いただきます。           インターネット

インターネット回答が便利で簡単です!
・期間中は、いつでも都合のよい時間に回答できます。
・画面の誘導に従うことでスムーズに回答できます。
・不正なアクセスなどの監視を24時間行っていますので、
 回答データは厳重に守られます。

6.調査結果の公表

平成31年4月以降順次、総務省統計局において、インターネットを利用する方法により公表します。
調査結果は、インターネットを通じてどなたでも入手し、利用することができます。

7.個人情報の管理

ご回答いただいた調査票の内容については、統計法により秘密が保護されています。
調査票の内容を統計作成の目的以外に使用することや、調査に従事するものが職務上知り得た秘密を他に漏らすことは統計法で固く禁じられています。

関連するその他の記事

この記事についてのお問い合わせ

総務課

〒273-8501千葉県船橋市湊町2-10-25

受付時間:午前9時から午後5時まで 休業日:土曜日・日曜日・祝休日・12月29日から1月3日

アンケートにご協力ください

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。




より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。