市長の所信表明

更新日:平成28(2016)年2月21日(日曜日)

ページID:P026595

平成25年船橋市議会第1回臨時会が7月26日に招集されました。
市議会初日に松戸徹市長が述べた所信表明を掲載します。

松戸市長の所信表明全文

 本日ここに、平成25年第1回船橋市議会臨時会を招集し、今回提出しております議案のご審議をお願いするにあたり、市長就任にあたっての所信の一端を述べさせていただき、議員各位のご理解とご協力を賜りたいと存じます。

 私は、この度の選挙におきまして、市民の皆様からご信任を賜わり、船橋市長に就任させていただきました。改めてその職責の重さを痛感し、身の引き締まる思いでおります。
 船橋はこれまでの歴史の中で多くの課題を解決しながら、全国の中でも非常に力のある都市へと発展してまいりました。
 これは、歴代の市長はじめ、議員各位、船橋を愛する多くの皆様が絶え間なく船橋の発展のために尽くされた大きな成果であり、就任にあたり、これまでご尽力いただきました数多くの皆様に改めて感謝と敬意を表しますとともに、私もその思いをしっかりと受け継ぎながら船橋のさらなる発展のために全力を尽くしてまいる覚悟でおります。

 61万人を超える多彩な市民が暮らす船橋は、東京から20キロメートル圏内という立地の中で、恵み豊かな海である三番瀬から、北に向かって工業地、商業地、住宅地、農地が広がり、バランスのとれた産業、市民の活発な文化・スポーツ活動など、全国有数の都市としてのポテンシャルとすばらしい人的なエネルギーを持っています。
 私は、後期基本計画の各事業の着実な実施とともに、公約である、将来を担う子どもたちの未来をつくりあげ、船橋の都市力、市民力を十分に活かすことにより、船橋はさらに魅力ある都市に発展できるものと確信しています。
 これにより、船橋という都市そのものが「市民の皆様に心から愛されるまち」となるよう、全力で取り組んでまいります。

 そのため、私は次の点に重点を置いて施策の推進を図ってまいります。

 第一は、子どもたちの未来につながる施策の展開であります。
 10年後、20年後の社会の担い手となる子どもたちをしっかりと育てていくことは、船橋そして日本の未来を今築くことに他なりません。
 子どもたちが自分の住むまちに誇りを持ち、将来に向かって希望をもって育つためには、子育て支援策や教育環境の充実など、子どもたちのための施策とともに、子どもから高齢者まで、障害のある人もない人も全ての市民が生き生きと安心して生活する船橋を築くことが必要です。
 その実現に向け、保健・医療・福祉の充実、公園、道路をはじめとする都市基盤の整備、かけがえのない自然を次世代に引き継ぐための施策など、将来に向けて行うべきものを見据えて取り組んでまいります。

 第二は、船橋の持つ力をさらに伸ばすことであります。
 船橋は都心に近い立地と発達した鉄道網により人や物の交流が 盛んであり、こうした利点を活かした産業集積のみならず、文化・スポーツなど様々な分野で多くの人が活躍するなど、極めてポテンシャルの高い都市であります。
 そうした中で、船橋には、都市農業における全国に誇れる産品や、工業面でも優れた技術があり、さらに農業、漁業、商業、工業各分野における後継者など、若手の皆様が積極的に取り組んでいることは、将来に向けた船橋の大きな希望でもあります。こうした様々な分野で活躍している市民の皆様が力を発揮できる環境を整えることにより、新しい船橋の力を創造してまいります。
 また、船橋には、時間をかけて築いてきた音楽文化をはじめ、様々な分野でこれまでの歴史の中で築き上げてきた魅力があり、これらは全国に誇れるものであります。
 こうした船橋の魅力を広め、市民の皆様に改めて認識してもらうためには、わかりやすい情報の発信が必要であり、全国、世界に向けた発信力を培うことも重要であります。
 様々なメディアを活用するなど、発信力を高めていくことにより、船橋の持つ力をさらに伸ばし、全国から注目される船橋を実現してまいります。

 第三は、一体感を育むまちづくりの推進です。
 全国有数の人口急増期を経験した船橋は、当時移り住んで来られた数多くの皆様が、古くから船橋に住む皆様とともにまちづくりに取り組み、地域の一体感を育みながら今日の船橋を築き上げてきました。
 現在も多くの市民の皆様が、文化・スポーツ、福祉、環境、教育などの各分野でまちづくりに参加されており、これが船橋の都市としての力を大きく高めています。
 全国的に人口減少が進む中、船橋は今後さらに人口が伸びることが予想されています。この「人」こそが船橋の財産であり、活力の源であると考えております。
 幅広い年代の皆様によるまちづくりへの参加を広げ、多彩な市民の力を市政に活かすことにより、「新しい船橋」を市民の皆様とともに築いてまいります。

 以上、所信の一端を申し述べさせていただきましたが、これらの施策の推進にあたりましては、効率的な行財政運営に努めるとともに、市民に最も身近な行政組織として、市民の皆様から共感が得られる市政に全力で取り組む所存であります。
 議員各位のご理解とご協力を賜わりますよう、よろしくお願い申し上げまして、私の所信表明といたします。

この記事についてのお問い合わせ

秘書課

〒273-8501千葉県船橋市湊町2-10-25

受付時間:午前9時から午後5時まで 休業日:土曜日・日曜日・祝休日・12月29日から1月3日

アンケートにご協力ください

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。




より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。