庭木につく主な害虫とその駆除方法について

更新日:平成28(2016)年2月21日(日曜日)

ページID:P001389

以下から害虫を選択してください

アメリカシロヒトリ

どんな木につきますか?

サクラ、カキ、カエデなどです。

どんな虫ですか?

次のような特徴があります。

  • 5月~9月にかけて年に2~3回発生を繰り返します。
  • 大人の小指大で白い長い毛が密生しています。
  • 集団で葉を食害するので、放置しておくと樹全体が丸坊主になることもあります。
  • 幼齢幼虫のうちは枝が分かれているところなどにクモの巣状の巣をつくります。

どのように駆除したらよいでしょう?

次のような2つの方法があります。

巣の撤去

巣ごと切り取り、踏みつぶすか焼き捨てると手軽に駆除できます。

消毒

葉の上に毛虫を見つけたら速やかに殺虫剤を散布して下さい。

どの殺虫剤を使用したらよいでしょう?

主に次のようなものがよいと思います。

スミチオン乳剤

MEP乳剤ともいいます。1500倍に薄めて噴霧器等で散布して下さい。

オルトラン液剤

500倍に薄めて噴霧器等で散布して下さい。

ページの上部にもどる

モンクロシャチホコ

どんな木につきますか?

サクラ、ウメ、カイドウなどです。

どんな虫ですか?

次のような特徴があります。

  • 年に1~2回、主に夏に発生します。
  • 大人の指大で赤黒い体に黒い毛が密生しています。
  • 集団で葉を食害するので、放置しておくと樹全体が丸坊主になることもあります。

どのように駆除したらよいでしょう?

葉の上に毛虫を見つけたら速やかに殺虫剤を散布して下さい。

どの殺虫剤を使用したらよいでしょう?

主に次のようなものがよいと思います。

スミチオン乳剤

MEP乳剤ともいいます。1500倍に薄めて噴霧器等で散布して下さい。

オルトラン液剤

500倍に薄めて噴霧器等で散布して下さい。

ページの上部にもどる

チャドクガ

どんな木につきますか?

ツバキ、サザンカなどです。

どんな虫ですか?

次のような特徴があります。

  • 1~3cmの黄褐色の地に黒の斑点がある毛虫です。
  • 毛には毒があり、ひどくかぶれるので決して触れないようにして下さい。
  • 集団で葉を食害するので、放置しておくと樹全体が丸坊主になることもあります。

どのように駆除したらよいでしょう?

葉の上に1列に群生しているので、見つけたら速やかに殺虫剤を散布して下さい。

どの殺虫剤を使用したらよいでしょう?

主に次のようなものがよいと思います。

スミチオン乳剤

MEP乳剤ともいいます。1500倍に薄めて噴霧器等で散布して下さい。

オルトラン液剤

500倍に薄めて噴霧器等で散布して下さい。

家庭用殺虫剤

一部の葉に群生しているうちなら、ハエ・カ等駆除用のエアゾール殺虫剤も手軽で効果があります。ただし多量に使うと木に薬害がでます。

特に次のことに注意して下さい。毛虫だけでなく、死骸や抜け殻の毛にも毒があります。消毒液散布後もその木に近づく際は十分注意して下さい。

ページの上部にもどる

イラガ

どんな木につきますか?

カエデ、アカメモチ(レッドロビン)などです。

どんな虫ですか?

次のような特徴があります。

  • 1~2cmのナマコ状で体全体に毒のあるトゲがあり、触れると電気が走ったように痛みます。
  • 集団で葉裏を浅く食害するので、葉が褐色になり枯れてしまいます。
  • 枝の根元や木の幹にかたいマユを作り、越冬します。

どのように駆除したらよいでしょう?

次のような2つの方法があります。

消毒

毛虫を発見したら速やかに殺虫剤を散布して下さい。

マユの撤去

冬に枝の根元や木の幹(特に地際)、樹皮のすき間を調べて越冬しているマユを撤去する。

どの殺虫剤を使用したらよいでしょう?

主に次のようなものがよいと思います。

スミチオン乳剤

MEP乳剤ともいいます。1500倍に薄めて噴霧器等で散布して下さい。

マラソン乳剤

2000倍に薄めて噴霧器等で散布して下さい。

特に次のことに注意して下さい。体全体に毒のあるトゲがあり、触れてもかぶれることは少ないのですが2~3日痛みます。発生している木に近づく際は気をつけて下さい。

ページの上部にもどる

ユウマダラエダシャク

どんな木につきますか?

主にマサキにつく虫です。

どんな虫ですか?

次のような特徴があります

  • 夏を中心に年に1~3回発生します。
  • 大人の指大の黒いシャクトリムシ。体を伸び縮みさせて移動します。
  • 毛虫のように集団を作ることはありませんが、多発すると葉が食い尽くされることがあります。
  • 通常、毛虫やイモムシは越冬しませんが、葉の上で越冬し冬でも暖かい日には葉を食害します。

どのように駆除したらよいでしょう?

次のような2つの方法があります。

捕殺

体が大きく簡単に見つかるので、見つけ次第捕まえて殺します。毒はありませんが割り箸等を使用しましょう。

消毒

シャクトリムシを見つけ次第、速やかに殺虫剤を散布して下さい。

どの殺虫剤を使用したらよいでしょう?  主に次のようなものがよいと思います。

スミチオン乳剤

MEP乳剤ともいいます。1500倍に薄めて噴霧器等で散布して下さい。

オルトラン液剤

500倍に薄めて噴霧器等で散布して下さい。

ページの上部にもどる

害虫駆除の際のご注意

殺虫剤を使用する前に、説明書きをよく読んで指定濃度、取り扱い上の注意を守って使用して下さい。

  • 作業中は長袖の上着、長ズボン、マスク、ゴム手袋、ゴーグル等を着用し散布液を浴びないように注意して下さい。
  • 作業後は手足や顔などを石けんでよく洗いましょう。
  • かぶれやすい体質の方は、特に取り扱いに充分注意しましょう。
  • 自動車、壁などの塗装面、大理石、御影石にかからないようにして下さい。変色等のおそれがあります。
  • 殺虫剤は人体に入ると危険です。使用後あまった薬剤は子供の手の届かないところに保管して下さい。

ページの上部にもどる

この記事についてのお問い合わせ

公園緑地課 管理係

〒273-8501千葉県船橋市湊町2-10-25

受付時間:午前9時から午後5時まで 休業日:土曜日・日曜日・祝休日・12月29日から1月3日

アンケートにご協力ください

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。




より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。