平成28年度(27年分)市県民税の申告について

更新日:平成28(2016)年3月15日(火曜日)

ページID:P043451

申告が必要な方

  1. 平成28年1月1日現在、市内に居住している方(下記「申告が不要な方」1~4を除く)
  2. 市外に居住しているが、市内に事業所・家屋敷がある方(下記「申告が不要な方」4を除く)
  3. 給与所得者で次のいずれかに該当する人
    ・勤務先から給与支払報告書が市に提出されていない方
    ・給与所得以外の所得金額が20万円以下で、確定申告の必要がない方
    ・平成23年の税制改正により、公的年金等の総収入が400万円以下で公的年金等以外の所得が20万円以下の場合には、確定申告をしなくてもよくなりました。また、所得税の還付を受けるためには確定申告をする必要があります。なお、確定申告が必要ない場合でも、各種保険料、医療費、障害者等の控除を受けるためには、市・県民税の申告が必要です。ただし、平成27年以後は源泉徴収の対象とならない公的年金等(外国で支払われる年金)の支給を受ける者は、この確定申告不要制度の適用を受けることはできません。

※申告書は、申告が必要と思われる方あてに毎年1月下旬に発送しています。申告書が届かなかった方で、申告書を希望される場合は、お手数ですがお電話にてご請求いただくか、下記よりダウンロードしてください。
市民税課電話番号 047-436-2212

  平成28年度 市・県民税申告書

  平成28年度 市・県民税申告の手引き

  ※窓口・郵送分と同一の様式を掲載しております。

申告が不要な方

  1. 27年中の収入が給与のみの方で、その支払者が給与支払報告書を市に提出しているとき。
  2. 27年中の収入が公的年金のみの方で、その支払者が公的年金等支払報告書を市に提出しているとき。
  3. 27年中の所得金額が、均等割がかからない額以下の方
  4. 税務署に所得税の確定申告書を提出した方 
  • 1・2の場合でも、医療費控除など給与支払報告書や公的年金等支払報告書に記載されていない各種控除を受けようとする場合は申告が必要です。
  • 3の場合でも、国民健康保険料の算定や児童手当などの審査のため申告が必要な場合があります。

申告書の提出方法

郵送による提出

市県民税の申告は郵送でも受け付けています。

市県民税申告書を郵送で提出される場合は、必要事項を記入・押印し、証明書類を添付資料用紙にホチキス留めして、申告書に同封されている返信用封筒で郵送してください。

なお、後日お問い合わせすることがありますので、申告書には電話番号を必ず記入してください。


送付先:
273-8501 船橋市湊町2丁目10番25号 船橋市役所市民税課 個人市民税第1係

※所得税の確定申告書は市役所では受付できませんので、税務署へ郵送してください。

※添付資料などが返信用封筒に入りきらない場合は、お手数ですが別に封筒をご用意ください。

市へ直接提出

船橋市役所2階市民税課窓口までお越しください。

【申告に必要なもの】

分類 主な必要なもの チェック欄
収入・所得金額等 源泉徴収票などの収入の分かるもの
事業・不動産収入がある方は、決算書または収支内訳書
控除金額等 生命保険料支払額等証明書(一般・個人年金・介護医療保険)
地震保険料等控除証明書
寄附金の受領証等
医療費の領収書
(医療費控除を受ける方。なお、医療費のお知らせは、領収書には該当しません)
社会保険料(国民年金料、国民健康保険料、介護保険料等)の控除証明書
その他 申告書
印鑑
    PDFファイルを表示させるためにはアドビ社のAdobe Readerが必要です。お使いのパソコンにAdobe Readerがインストールされてない場合は、左側のアイコンをクリックし、手順に従いダウンロードしてからご覧ください。

adobe reader

ファイルダウンロード

この記事についてのお問い合わせ

市民税課

〒273-8501千葉県船橋市湊町2-10-25

受付時間:午前9時から午後5時まで 休業日:土曜日・日曜日・祝休日・12月29日から1月3日

アンケートにご協力ください

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。




より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。