携帯電話・パソコンのサイトを開いただけで料金請求!出会い系サイトやアダルトサイトの利用料

更新日:平成23(2011)年2月12日(土曜日)

ページID:P000633

利用した覚えのない出会い系サイトや、アダルトサイト、ツーショットダイヤルの料金を請求される相談が増え続けています。
携帯電話やパソコンのメールやサイトを開いただけで、登録料・入会金などを請求されることがあります。請求を受けた消費者の中には、うっかりサイトを開いてしまった責任はあるし、自宅に来られては困ると思い支払ってしまうケースもあるようです。
しかし、有料サイトを開いただけで登録や入会をしたことにはなりません。利用していなければ支払う必要はありません。一度でも支払ってしまうと、様々な名目で次々と新たな請求をうける可能性があるので注意しましょう。また、アダルト運営業者などの債権者から事前に債権譲渡をした旨の通知を受けていなければ、債権譲渡を受けたという者に請求されても支払う必要はありません。
相手に自分の電話番号、住所や名前などを知られないために、自分から連絡することはやめましょう。万一電話に出たときは「入会した覚えはありませんので支払いません。」ときっぱり断り、すぐに切りましょう。

債権回収会社を詐称している等との情報の提供があった業者名の例 一覧

ここから先は法務省のホームページ

有料アダルトサイト等の情報料等をかたった架空料金トラブル

巧妙化する架空料金請求にご注意ください
ここから先は総務省のホームページ

ニュース一覧

この記事についてのお問い合わせ

消費生活センター

〒273-0005千葉県船橋市本町1-3-1フェイスビル5階

受付時間:午前9時から午後5時まで※相談は午後4時まで 休業日:土曜日・日曜日・祝休日・12月29日から1月3日

アンケートにご協力ください

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。




より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。