「第30回市民とともに考える救急医療シンポジウム」、「心肺蘇生法講習会」と「救急フェア」を開催いたします

更新日:平成30(2018)年8月17日(金曜日)

ページID:P063186

世界を目指す!救急医療先進都市~命をつなぐ船橋の救急システム~

みなさんは、船橋の救急医療についてご存じですか?

船橋市では、「初期(一次)救急」、「二次救急」、「三次救急」それぞれの医療機関が、役割分担しながら、24時間365日切れ目ない医療サービスを提供する救急医療体制を整え、市民の生命と健康を守っています。
その他にも、船橋が全国に先駆けて導入した、24時間体制で出動時から医師が同乗する「ドクターカー」や、「救命救急センター」、「夜間休日急病診療所」、「リハビリテーション病院」、「船橋まちなかAEDステーション事業」など、全国に誇るべき救急システムが整っています。

記念すべき第30回の救急医療シンポジウムでは、「世界を目指す!救急医療先進都市~命をつなぐ船橋の救急システム~」と題して、船橋の救急医療の30年間のあゆみや心疾患・脳卒中の症例を紹介します。
いざという時に備え、「救急医療先進都市 船橋」の救急システムについて、市民の皆さまとともに学び、考えていきます。

また、今回は、例年別日程で船橋市消防局が開催している「救急フェア」とのタイアップ企画として、消防局音楽隊による演奏会、心肺蘇生法体験、救急車乗車体験などを行うほか、血管年齢・骨密度等の測定やクイズラリーなど、様々な企画を実施いたします。

是非、多くの皆様のご参加をお待ちしております。

<チラシ>
救急医療シンポジウム チラシ(表面)   救急医療シンポジウム チラシ(裏面)  
チラシ表     チラシ裏

救急医療シンポジウム 及び 救急フェア

開催日時

平成30年9月8日(土曜日)
救急医療シンポジウム:午後1時~午後4時
救急フェア、その他の企画:午前11時~午後4時

会場

船橋市民文化ホール(船橋市本町2-2-5)

費用

無料

定員

1,000名(当日参加可)
※ただし、救急医療シンポジウムは事前予約を受け付けます。
※救急医療シンポジウムは手話通訳・要約筆記あり。1歳~未就学児は保育あり(要予約)。

内容

【救急医療シンポジウム】

<総合司会>
 稲葉 澄子氏(船橋市生活学校運動推進協議会 会長)
●基調講演の部
 <講師>
  都築 弘 氏(船橋市立医療センター 初代救命救急センター長)
        「船橋の救急医療の30年のあゆみ」
 <座長>
  境田 康二氏(船橋市立医療センター 前救命救急センター長)
●シンポジウムの部
 <シンポジスト>
  岡沢 伸好氏(船橋市消防局救急課救急指導係 救急救命士)
  髙木 康博氏(船橋市医師会 救急医療担当理事)
  新美  淳  氏(船橋市立医療センター 脳神経外科医長)
  加藤 健一氏(市民の方)
 <司会者>
  髙澤  努  氏(船橋市医師会 副会長)
  梶原 崇弘氏(船橋市医師会 救急医療担当理事)

【救急フェア】

●消防局音楽隊による演奏会<市民文化ホール>※12時30分~12時50分
●心肺蘇生法体験コーナー<市民文化ホールロビー>
 胸骨圧迫やAEDを使った心肺蘇生法の体験ができます。
●救急車乗車体験コーナー<市民文化ホール前広場>
 普段見ることができない救急車の車内を御覧いただけます。

【その他の企画】

●クイズラリー<会場全体>
 楽しみながら救急医療・AEDについて学びましょう。
 参加者には粗品をプレゼントいたします。
●パネル展示コーナー<市民文化ホールロビー>
 AEDや心疾患、脳卒中に関する各種展示、船橋市の救急医療体制についての展示を行います。
●測定コーナー(血管年齢・骨密度ほか)<市民文化ホールロビー>
 血管年齢・骨密度を測定してみましょう。
 結果について、市の保健師に相談することもできます。

心肺蘇生法講習会

開催日時

平成30年9月8日(土曜日)午前10時~11時30分

会場

船橋市中央公民館(船橋市本町2-2-5)

費用

無料

定員

100名(要予約)

内容

DVDを見ながら、AEDの使い方と胸骨圧迫の講習会を行います。
参加者には、受講後に心肺蘇生の練習用キットと終了証を差し上げます。

予約方法

メールまたは往復はがきに、(1)~(4)を記入し、下記送付先までお送りください。
(1)「シンポジウムに参加」、「心肺蘇生法講習会に参加」、「両方参加」のいずれか
(2)氏名/ふりがな
(3)住所
(4)電話番号
※シンポジウムに参加希望の方で、保育の有無(1歳~就学前)及びテーマに沿った質問事項がある場合はご記入ください。
※ページ下部の「メールフォームでお問い合わせをする」からもご予約いただけます。
 メールフォームからご予約する場合にも、お問い合わせ内容に、上記必要事項をご記入ください。

予約期限

平成30年8月31日(金曜日)消印有効

送付先

・メールアドレス
 kenkoseisaku@city.funabashi.lg.jp

・往復はがき 
 〒273-8501
 船橋市救急医療シンポジウム実行委員会事務局(市健康政策課内)宛
 ※郵便番号と宛先のみで、住所は不要です。

主催

船橋市救急医療シンポジウム実行委員会

<大会会長>船橋市長 松戸 徹  <委員長>船橋市医師会会長 寺田 俊昌
船橋市医師会、千葉県看護協会船橋地区部会、船橋市自治会連合協議会、船橋市PTA連合会、船橋市全婦人団体連絡会、船橋市生活学校運動推進協議会、船橋市老人クラブ連合会、船橋商工会議所、船橋市赤十字奉仕団、船橋市社会福祉協議会、船橋市消防団、船橋労働基準監督署、船橋市、船橋市消防局、船橋市教育委員会

後援

厚生労働省、千葉県、千葉県医師会、朝日新聞社千葉総局、毎日新聞社千葉支局、読売新聞千葉支局、東京新聞千葉支局、産経新聞社千葉総局、千葉日報社、共同通信社千葉支局、時事通信社千葉支局、NHK千葉放送局、J:COM YY船橋習志野、船橋交通安全協会、船橋東交通安全協会、船橋市自衛消防協会、船橋市保育協議会、船橋市私立幼稚園連合会、船橋市福祉サービス公社、船橋市医療公社、ふなばし健やかプラン21市民運動推進会議、NPO法人千葉県ACLS協会

問い合せ先

船橋市救急医療シンポジウム実行委員会事務局(船橋市健康政策課内)
TEL:047-436-2412 FAX:047-436-2409

ファイルダウンロード

この記事についてのお問い合わせ

健康政策課 企画係

〒273-8501千葉県船橋市湊町2-10-25

受付時間:午前9時から午後5時まで 休業日:土曜日・日曜日・祝休日・12月29日から1月3日

アンケートにご協力ください

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。




より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。