船橋の救急業務

更新日:平成29(2017)年9月29日(金曜日)

ページID:P000489

救急隊

船橋市では、昭和33年7月に救急業務が開始され、現在14隊の救急隊で救急活動を行っています。

船橋市消防局では、救急体制の充実強化のため、次の重点施策を講じております

救急業務の高度化の推進

  • 増加する救急需要に対応できる高度で効率的な救急体制を確立するため、傷病者の症状に応じた迅速な搬送、救急隊員・救急救命士の養成、救急資機材の整備及びドクターカーの運用を推進します。

特別救急隊(ドクターカー)に関することはこちら!

救急統計に関することはこちら!

救急要請に対応するため、非常用救急車の運用及びPA連携(※)の強化を図っております。

(※)PA連携:ポンプ車(Pumper)と救急車(Ambulance)が同時に出場するもので、その頭文字をとりPA連携と言われています。心肺停止などの重篤な症状の救急要請に対し、近くの救急車が出動中で救急車の到着が遅れるおそれがある時には、救急資器材を積んだポンプ車が出動して、救急車の到着までの間応急手当を行います。

メディカルコントロール体制の充実

  • ドクターカーに同乗する医師等の指示・指導・助言により、メディカルコントロール体制(※)の充実を図ります。

(※)メディカルコントロール体制:救急救命士を含む救急隊員が搬送時に行う医学的に裏付けを持った応急処置ができる体制。医師による直接の指示、救急隊員の救急活動に関する事後検証及び救急救命士の再教育が含まれる。

医療機関との連携による救急搬送の円滑化

  • 船橋市医師会、船橋市立医療センター及び船橋市消防局において、合意のもと地域の実情を踏まえた「船橋市転院搬送ガイドライン」の運用を平成29年11月1日から開始いたします。

医療機関のみなさまへ

転院搬送を要請する際には転院搬送依頼書を必ず記載してください。

船橋市転院搬送ガイドライン

転院搬送依頼書記載要領 

転院搬送依頼書(PDF形式)

転院搬送依頼書(エクセル形式)

市民の命を守るための各種救急講習会の開催

  • 応急手当の知識と技術を有する市民を育成するため、各種救急講習会を開催します。

応急手当講習に関することはこちら!

応急手当協力認定事業所に関することはこちら!

救急車の適正利用の推進

  • 救急車の適正利用について理解を求める広報活動を充実させます。

救急車の適正な利用のお願いに関することはこちら!

救急車で医療機関へ搬送された方で、救急搬送証明書が必要な方は・・・

救急車で医療機関に搬送された方の「救急搬送証明書」は、下記の消防局救急課及び3消防署で発行しています。
救急搬送証明願(第5号様式)」により申請してください。

消防局 中央消防署 東消防署 北消防署

指輪が抜けずにお困りの方は・・・

リングカッターという専用の器具で指輪を切断することができます。
下記の消防署で行っていますので、お問い合わせください。

中央消防署 東消防署 北消防署

この記事についてのお問い合わせ

消防局救急課

〒273-0011千葉県船橋市湊町2-6-10

受付時間:午前9時から午後5時まで 休業日:土曜日・日曜日・祝休日・12月29日から1月3日

アンケートにご協力ください

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。




より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。