結婚したときの手続き

更新日:平成28(2016)年2月21日(日曜日)

ページID:P010220

配偶者が被用者年金(厚生年金・共済年金・船員保険)に加入しており、本人が被扶養者になる

結婚して被用者年金(厚生年金・船員保険・共済年金)に加入している方の被扶養者となる場合には、国民年金の第1号被保険者(結婚前に国民年金を納付していた方)または第2号被保険者(結婚前に被用者年金に加入していた方)から第3号被保険者に変更する手続きが必要となります。手続きは、配偶者の勤務先で行うこととなります。

配偶者が被用者年金に加入していない。または、本人が被扶養者にはならない

結婚前に第1号被保険者として国民年金に加入していた方

第1号被保険者のままで資格の変更は無く、氏名変更の手続きのみとなります。

結婚前に、被用者年金に加入していて結婚により退職した方

氏名変更のみでなく、年金の資格を第2号被保険者から第1号被保険者に変更する手続きも必要となります。

手続き窓口

  • 市役所国民年金課
  • 船橋駅前総合窓口センター
  • 各出張所

必要書類

結婚前後で年金資格の変更がない方(氏名変更の手続き)

  • お手続に来られる方の、官公署発行の写真付き身分証明(お持ちでない方は国民年金課まで、お問い合わせ下さい)
  • 委任状(本人以外がお手続される際に必要です)
  • 年金手帳
  • 氏名変更のわかる書類(例:戸籍謄本、婚姻届受理証明書)

結婚を機に退職して扶養にならない方(氏名変更及び資格変更の手続き)

  • お手続に来られる方の、官公署発行の写真付き身分証明(お持ちでない方は国民年金課まで、お問い合わせ下さい)
  • 委任状(本人以外がお手続される際に必要です)
  • 離職票または退職証明書等、退職した日が判る書類。
  • 年金手帳
  • 氏名変更のわかる書類(例:戸籍謄本、婚姻届受理証明書)
  • 認印(自署する場合は必要ありません)

本人が被用者年金に加入しており、結婚後もそのまま仕事を続ける

結婚しても被用者年金(厚生年金・船員保険・共済年金)に加入し続ける方は、第2号被保険者のまま継続することとなりますので、市役所での手続きは必要ありません。

この記事についてのお問い合わせ

国民年金課

〒273-8501千葉県船橋市湊町2-10-25

受付時間:午前9時から午後5時まで 休業日:土曜日・日曜日・祝休日・12月29日から1月3日

アンケートにご協力ください

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。




より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。