中野木の辻切り

更新日:平成28(2016)年2月21日(日曜日)

ページID:P008867

辻切りを立て木に巻きつけている様子辻切り
辻切りは悪霊や悪疫が村内に入って来ないように願う行事で、中野木では毎年2月の初午に行われています。鎮守の八坂神社に集まり、東西2組に分かれ、大蛇を1匹ずつ作製します。完成すると長さ5m半程になる大蛇は本殿前にとぐろを巻き、向かい合わせに据えられ、御神酒を飲ませます。直会のあと、東西それぞれ4~5人で大蛇をかかえ、集落の南西と北東の道路脇の立木に巻きつけます。起源については不詳ですが、中野木の辻切りはワラ蛇のつくりが大きく、古くからのかたちを伝えていると考えられています。

前の文化財に

指定文化財の一覧にもどる

次の文化財に

この記事についてのお問い合わせ

教育委員会文化課

〒273-8501千葉県船橋市湊町2-10-25

受付時間:午前9時から午後5時まで 休業日:土曜日・日曜日・祝休日・12月29日から1月3日

アンケートにご協力ください

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。




より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。