市民協働モデル事業の実施について(平成20・21年度)※市民協働モデル事業は、平成27年度をもって廃止となりました。

更新日:平成28(2016)年4月1日(金曜日)

ページID:P000921

市民協働モデル事業とは

市民協働モデル事業とは、市と市民が協力・連携して地域の課題に取り組み、その協議の進め方や経過などを随時公表することで、「市民協働」という手法を用いた事業の取り組みについて、理解の促進を図ることを目的としています。市民協働モデル事業の概要については、こちら(PDF形式198KB)をご覧下さい。
 なお、市民協働モデル事業は、平成27年度をもって廃止となりました。

平成20・21年度に2事業を実施しました

市民協働モデル事業として実施する事業は、(1)市が行っているサービスで、さらに拡大する必要のあるものと、(2)市が現在行っていない新しい取り組みで、実現性があり、実現した場合の効果も大きいと考えられる事業です。

ボランティア支援活動

一つは、「障害のある児童・生徒へのボランティア支援活動」です。
すでにいくつかの市内小・中学校で活動を行っている「NBFクラブ」と、総合教育センター教育支援室が連携を図り、規模を拡大して、手助けを必要とする児童・生徒にボランティアを派遣できる体制を作ります。この事業についての詳細は、平成20年度市民協働モデル事業「障害のある児童・生徒へのボランティア支援活動」をご覧下さい。

猫の写真

もう一つの事業は、「所有者のいない猫に対する地域における取り組み」です。
所有者のいない猫(=野良猫)による地域のトラブルを減らすことを目的に活動する「ふなばし地域ねこ活動」と保健所衛生指導課が協力し、町会・自治会単位での野良ねこに関するルール作りやその実践を支援します。この事業についての詳細は、市民協働モデル事業「所有者のいない猫に対する地域における取り組み」をご覧下さい。

進行過程や事業の成果の公表について

関係者間での協議の進め方やその内容、事業の成果などは、随時、市民協働課のホームページで公表しました。市民協働事業は、どのような経過をたどり、どのような効果を生むのかをお伝えします。

(注)PDFファイルを表示させるためにはアドビ社のAdobe Reader が必要となります。
このソフトは同社のホームページ上から無償でダウンロードできるほか、パソコン関連の雑誌付録のCD-ROM等からインストールすることもできます。

Adobe Reader のダウンロードはこちらAdobe Reader
(注)上記のリンクから先は市のホームページではありません。

この記事についてのお問い合わせ

市民協働課

〒273-8501千葉県船橋市湊町2-10-25

受付時間:午前9時から午後5時まで 休業日:土曜日・日曜日・祝休日・12月29日から1月3日

アンケートにご協力ください

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。




より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。