パパとこどものシェフ’sクッキング「食育料理教室」を開催しました!

更新日:平成30(2018)年6月5日(火曜日)

ページID:P055362

 平成29年12月9日(土曜日)に、船橋市保健福祉センターの栄養学習室で、小学校高学年・中学生とその父親を対象に「食育料理教室」を開催しました。

 船橋市出身の西洋料理シェフ「松本 哲尚氏」を講師に招き、船橋産のホンビノス貝や野菜をたっぷり使った「鶏もも肉と野菜のグリル」と「ホンビノス貝のふなばしポトフ」にチャレンジ♪

 講師写真

 船橋をおいしく食べよう(レシピ)

 レシピ「鶏もも肉と野菜のグリル」「ホンビノス貝のふなばしポトフ」(←クリックするとレシピが表示されます。)

メニュー写真

 「いただきます」のメッセージ・・・

 松本先生に、丸鶏を切り分けるところを見せてもらいました。「食べること」は、尊い命を「いただきます」の気持ちとともに、料理を作る人、野菜、家畜を育てた人、魚を獲った人など、食べ物が口に届くまで関わったすべての方々への感謝を実感しました。

鶏

 塩の味比べをしてみたよ

 精製された食塩とミネラル豊富な天日塩をみんなで味比べ。
 「全然、味違う!」、「言われてみれば、違うかな・・・」、味の感じ方は人それぞれ。

 塩の種類と料理による使い分け方、塩の振り方、味付けのタイミングなど、塩の効果的な使い方で料理がさらにおいしくなることを教わりました。

 塩味比べ

 「料理」がつなぐ親子の絆

 いい匂い・おいしそうな音・鮮やかな色など、出来上がりに期待がふくらみます。

料理中

 いつも家で見るのとは違うお子様の一面、パパのお子様を身守るあたたかいまなざしが印象的でした。

 みんなでいただきまーす!

 食べる前の最後の仕上げの魔法に、オリーブオイル、レモン汁を少し振りかけると、味のアクセントになり、素材の味がグーンと引き立ち、お塩が控えめでも、とっても美味しい料理が出来上がりました。

記念撮影
 これからも親子で一緒に料理をつくること、食べることを楽しんでくださいね。

ファイルダウンロード

関連するその他の記事

この記事についてのお問い合わせ

保健所地域保健課

〒273-8506千葉県船橋市北本町1-16-55(保健福祉センター2階)

受付時間:午前9時から午後5時まで 休業日:土曜日・日曜日・祝休日・12月29日から1月3日

アンケートにご協力ください

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。




より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。