「若年性認知症ハンドブック」(第6版)を発行しました。

更新日:平成29(2017)年12月11日(月曜日)

ページID:P022103

「若年性認知症ハンドブック」(第6版)について

船橋市包括支援課において、認知症に関する施策を行っておりますが、 18~64歳で発症する若年性認知症については、65歳以上で発症する老年性認知症に比べ、まだまだ一般の方には知名度が低く、支援やサービスが不十分であるのが現状です。

そこで、平成24年7月、利用可能な行政サービス等を中心に掲載し、利用者及びその家族をはじめ、医療機関や介護サービス事業者に必要な情報を提供することを目的として、「若年性認知症ハンドブック」(第1版)を発行いたしました。

その後、毎年、制度内容や情報等を更新し発行してまいりました。

当ハンドブックは、包括支援課、各地域包括支援センター及び各在宅介護支援センター等の窓口において設置しております。また、このページの下からもダウンロードが出来ます。

内容

  1. 認知症とは?(若年性認知症の症状について)
  2. 本人と家族をサポートするために(行政サービスについて体系的にまとめたもの。)
  3. 受診について(早期受診のすすめについて)
  4. 利用できる公的な各種制度
  5. 相談窓口
  6. 編集者・事務局

ファイルダウンロード

この記事についてのお問い合わせ

包括支援課 認知症対策係

〒273-8501千葉県船橋市湊町2-10-25 船橋市役所3階

受付時間:午前9時から午後5時まで 休業日:土曜日・日曜日・祝休日・12月29日から1月3日

アンケートにご協力ください

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。




より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。