肝炎ウイルス陽性者フォローアップ事業

更新日:平成30(2018)年2月24日(土曜日)

ページID:P051645

肝炎ウイルス

肝炎ウイルスに感染した場合、自覚症状がないまま病気が進行し、慢性肝炎、肝硬変、肝がんへと重症化する可能性があります。

そのため、すぐに治療がない場合でも、定期的に医療機関を受診し、ご自身の状態を確認することが重要です。

肝炎ウイルス陽性者フォローアップ事業

船橋市では肝炎ウイルス陽性者の方に対するフォローアップ事業を行っています。

肝炎ウイルス検診を受診された方で陽性と判定された方のうち、医療機関で配布される「船橋市肝炎ウイルス陽性者フォローアップ事業 参加同意書」により参加に同意された方に、年1回程度、調査票をお送りするなどにより、医療機関の受診状況や治療内容を確認させていただきます。
また、必要に応じて電話等でご連絡差し上げる場合があります。

精密検査費用の助成

千葉県では、肝炎ウイルス検査で陽性であった方を対象に、千葉県知事が指定した医療機関で受けた精密検査の助成を行っています。

精密検査の助成には、船橋市肝炎ウイルス陽性者フォローアップ事業の参加同意が条件となります。

そのほかの条件等については、以下の千葉県ホームページをご確認ください。

千葉県ウイルス性肝炎患者等重症化予防推進事業

この記事についてのお問い合わせ

保健所健康づくり課 (特定健診・がん検診係)

〒273-8506船橋市北本町1-16-55 船橋市保健福祉センター

受付時間:午前9時から午後5時まで 休業日:土曜日・日曜日・祝休日・12月29日から1月3日

アンケートにご協力ください

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。




より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。