創業実践塾卒業生支援補助金

更新日:平成30(2018)年3月14日(水曜日)

ページID:P054320

市では、船橋創業実践塾を卒業した方に対し、事業所等の賃料の一部を助成しています。

補助対象経費

市内で事業所等を賃借した場合におけるその支払った賃料
(敷金、礼金、保証金、更新料、共益費およびこれらに類する経費は除く)

対象者

  1. 中小企業基本法第2条第1項に規定する中小企業者であること。
  2.  市内の事業所等を新たに賃借して事業を行うこと。既に創業している者にあっては居住している建物とは別に事業所等を賃借していること。
  3. 創業日より5年未満であること。ただし卒業時に創業している者にあっては、創業実践塾の卒業証書の交付日より5年未満であること。
  4. 市税を滞納していないこと。
  5. 営業に際し、許認可が必要な場合には、当該許認可を取得していること。
  6. 上に定める補助対象経費に対する国、地方公共団体等の創業支援を目的とした補助金の
    交付、その他の給付にかかる決定を受けている場合又は当該決定をうける見込みのないこと。

補助額

事業所等の面積に1平方メートル当たり200円を乗じて得た額
(ただし、上限は年120,000円とする。)

補助期間

新たに創業するものにあっては、事業所等の使用の契約日より1年間。すでに創業している者にあっては、補助金の交付決定日より1年間。

申請方法・期間

下記提出書類に記入の上、船橋市役所商工振興課まで持参 

要綱

創業実践塾卒業生支援補助金交付要綱

提出書類

【交付申請時に必要な書類】

  1. 創業実践塾卒業生支援補助金交付申請書 (第1号様式)
  2. 入居契約書(賃貸借契約書)の写し
  3. 事業計画書(別紙1)
  4. 市税納付確認書(別紙2)
  5. 本補助金と同様の趣旨の補助が交付される場合は、その内容がわかるもの
  6. 許認可を必要とする業種の場合は、営業許可証等の写し
  7. 創業実践塾卒業証書の写し

(法人の場合)
1.商業登記簿謄本の写し
2.資本金の金額及びその出資者のわかるもの
3.直近の決算書

  (個人の場合)
1.住民票の写し
2.個人事業の開業等届出書の写し

【実績報告する際に添付する書類】

  1. 創業実践塾卒業生支援補助金実績報告書(第5号様式)
  2. 賃料の支払いが確認できる書類または領収書の写し
  3. 市税納付確認書(別紙2)
  4. 事業成果報告書(別紙3)

【交付請求する際に添付する書類】

  1. 創業実践塾卒業生支援補助金交付請求書(第7号様式)
  2. 創業実践塾卒業生支援補助金確定通知書の写し(第6号様式)
  3. その他市長が必要と認める書類

書類一覧

  1. 創業実践塾卒業生支援補助金交付申請書(第1号様式)
  2. 創業実践塾卒業生支援補助金交付決定通知書(第2号様式)
  3. 創業実践塾卒業生支援補助金交付変更申請書(第3号様式)
  4. 創業実践塾卒業生支援補助金交付変更決定通知書(第4号様式)
  5. 創業実践塾卒業生支援補助金実績報告書(第5号様式)
  6. 創業実践塾卒業生支援補助金確定通知書(第6号様式)
  7. 創業実践塾卒業生支援補助金交付請求書(第7号様式)
  8. 創業実践塾卒業生支援補助金交付決定取消通知書(第8号様式)
  9. 事業計画書(別紙1)
  10. 市税納付確認書(別紙2)
  11. 事業成果報告書(別紙3)

ファイルダウンロード

この記事についてのお問い合わせ

商工振興課 工業係

〒273-8501千葉県船橋市湊町2-10-25

受付時間:午前9時から午後5時まで 休業日:土曜日・日曜日・祝休日・12月29日から1月3日

アンケートにご協力ください

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。




より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。