【~12月16日】船橋のモータースポーツの歴史に触れてみませんか!?

更新日:平成30(2018)年12月11日(火曜日)

ページID:P066043

モータースポーツを中心に、湾岸部の歴史を振り返ります!

昭和20年代から東京湾の埋め立てによって誕生した船橋市の湾岸部。
かつてここに、「船橋サーキット」があったことをご存知でしょうか。
「船橋サーキット」は、国内で3番目に誕生したレーシングコースとして、数々の名勝負が繰り広げられ、多くの人たちが集まりました。

しかしながら、その歴史は浅く、たった2年間しか稼働しなかったことから一部のファンの中で“幻のサーキット”と呼ばれているそうです。

今回の企画展では、そんな「船橋サーキット」とオートレース発祥の地「船橋オートレース場」を中心に、船橋の湾岸部の歴史を紹介します

名称:企画展「モータースポーツと湾岸部の歴史」
期間:平成30年12月16日(日曜日)まで
場所:船橋市郷土資料館

見どころ(1) レースで使われていた実物がずらり

「船橋オートレース場」や「船橋サーキット」といった“船橋のモータースポーツ”の歴史を振り返るコーナーでは、実際にオートレースで使用されていた競走車が登場!

オートレースの競走車は、ブレーキがない、ハンドルの高さが左右で違うなど、通常の二輪車と大きく異なる構造をしています。
モータースポーツファンならずとも、堂々としたその佇まいに、思わず息をのんでしまいます……。

画像

選手が使用していた防具やたくさんのトロフィーの一部は、なんと今回のためにご家族の方々からお借りしたものです。
特に、SG日本選手権オートレース史上最多優勝・史上最長連続優勝戦出場記録を誇り、“ミスターオート”と呼ばれた、伝説の飯塚将光選手が着用した防具は、ここでしか見られないと言っても過言ではありません。

画像画像

見どころ(2) SNS映え間違いなし?!フォトブースで記念撮影をしてみませんか

フォトブースでは、なんと伝説の飯塚将光選手が「船橋オートレース場」で優勝したときの様子を再現!
飯塚選手の等身大パネルや、本物の愛車と一緒に記念撮影ができます。

画像

見どころ(3) 湾岸部の懐かしい風景を、フォトライブラリで振り返ります

かつて賑わいを見せていた室内スキー場「ららぽーとスキードームSSAWS(ザウス)」や、若松団地前での潮干狩りなど、当時の様子がうかがえる写真の数々。
まるで、かつての光景がそのまま目の前に現れたかのよう!

このほかにも、たくさんの写真や新聞記事が展示されており、当時の生活を垣間見ることができます。

画像 画像

展示だけじゃない!ポストカードプレゼントやペーパークラフトといったイベントが盛りだくさん!

ポストカードをプレゼント!

館内のスタンプを集めた方へ、ポストカードをプレゼント。
前期と後期で異なるデザインのものを用意しており、前期のものをお持ちの方でも、後期は違うデザインのカードを手に入れることができます。
枚数が限られていますので、ご希望の方はお早めにお越しください!。

前期:~12月2日(日曜日)※終了しました。

画像 画像 画像

後期:12月4日(火曜日)から12月16日(日曜日)
画像 画像 画像 画像

ワークショップ「ペーパークラフトでスポーツカーを作ろう!」

親子で一緒に作って楽しめるイベントです。
台紙に塗り絵をするところから始めるので、自分だけの、オリジナルのスポーツカーを作ることができます!

12月9日、16日(日曜日) 午前10時から午後3時
当日自由参加。無料。
※未就学児は保護者同伴。

まずはどんなスポーツカーにしようかイメージ!
かっこいい、かわいい?
はやそう、つよそう?

画像


思い思いの色に塗って、組み立てれば……

画像


あなただけの、オリジナルスポーツカーが完成!

画像


誰も見たことがないスポーツカーを作って、遊んでみよう!

画像

学芸員によるギャラリーツアー

移り行く時代を、学芸員独自の視点で切り取るこのコーナー。
12月9日(日曜日)午後2時30分から30分程度行います。
展示だけでは分からない裏話も聞けてしまうかもしれません!
当日自由参加。無料。

企画展「モータースポーツと湾岸部の歴史」

日程

平成30年11月20日(火曜日)から12月16日(日曜日)まで ※月曜日は休館

時間

午前9時から午後5時まで(入館は午後4時30分まで)

場所

船橋市郷土資料館(船橋市薬円台4-25-19)
1階ロビー・2階第1展示室(一部)・3階第2展示室

アクセス

電車
新京成習志野駅から徒歩約10分

バス
JR津田沼駅北口から船橋新京成バス「北習志野駅」「高津団地東口」「習志野車庫」行き、または、ちばレインボーバス「八千代緑が丘駅」「船尾車庫」「木下駅」「千葉ニュータウン中央駅」行きに乗車し、「郷土資料館」下車徒歩約2分

料金

無料

お問い合わせ

郷土資料館
電話 047-465-9680 FAX 047-467-1399