船橋市いっせい行動訓練(シェイクアウト訓練)を実施しました

更新日:平成30(2018)年11月8日(木曜日)

ページID:P046997

ロゴ1

船橋市いっせい行動訓練(シェイクアウト訓練)とは、多くの市民が、訓練開始の合図でいっせいにそれぞれの場所で身の安全を確保する自主参加型の訓練です。発災時の基本行動を改めて確認することにより「自助」の高揚を促すことを目的として、平成30年8月26日(日曜日)午前9時00分から1分間実施しました。
訓練への積極的な参加表明として、合計で170396人の船橋市在住・在勤の方に事前登録をしていただきました。

訓練参加の事前登録(参加表明)団体

事前登録及び訓練周知にご協力いただきありがとうございました。
皆様のご協力により、多くの方に訓練にご参加いただけました。

事前登録(参加表明)団体一覧(クリックすると一覧が表示されます。)

※一覧には、掲載に同意していただいた団体のみ掲載しています。

シェイクアウト訓練とは

シェイクアウト訓練は、2008年にアメリカで始まった地震防災訓練です。訓練方法はいたってシンプルで、指定された日時に、特定の会場に集まることなく、各家庭、職場、学校、外出先などのそれぞれの場所で、参加者が地震から身を守るための『3つの安全行動 (姿勢を低くし、頭を守り、揺れが収まるまで動かない)』を1分間行う訓練です。
地震による人的被害の多くは、揺れによる家具等の転倒、落下物による負傷であり、それらの被害から身を守るために有効な手段である『3つの安全行動』を身につけることを目的として実施します。

訓練日時

平成30年8月26日(日曜日)午前9時00分から1分間

訓練内容

1.身の安全の確保

訓練開始の合図を機に、各家庭、職場、学校、外出先等のそれぞれの場所で1分間、
(1)姿勢を低くし
(2)頭を守り
(3)揺れが収まるまで動かない
といった揺れが収まるまでの身の安全を守る「3つの安全行動」を行います。

 身を守る3つの安全行動
3つの安全行動

2.防災対策の再確認

上記の行動後、家庭や職場等、それぞれの場所で建物や建物周辺の環境の点検や
家具等の転倒・落下防止の確認を行う等の下記の防災対策の再確認をします。

 家庭・地域・職場等における防災対策の確認事項
(1)災害情報の入手方法や避難所など、船橋市の防災情報を確認しましょう。
(2)上部からの落下物や家具の転倒がない安全な場所を確認しましょう。
(3)家庭、学校、事業所等の備蓄を点検しましょう。
(4)家族等との連絡手段を確認しましょう。(災害伝言ダイヤル171など)
(5)家具の転倒防止や照明の落下防止など、家や会社の安全を点検しましょう。

キャラクター図2キャラクター図1キャラクター図3

3.地震発生時の行動

地震発生時の行動を身につけるため、訓練の際に、身を守る3つの安全行動とともに地震発生時の行動パターンを実践しましょう。

◆地震発生時の行動パターン
地震発生時の行動

想定災害

船橋市で震度6強の地震が発生

訓練開始合図

訓練当日の午前9時00分の防災行政無線、ふなばし災害情報メール、J:CОM船橋・習志野(ケーブルテレビ)を訓練開始の合図として実施しました。

ふなばし災害情報メールとは

船橋市から発信される震度4以上の地震発生時や、災害時の避難所開設・気象警報・大規模事故災害等の災害情報が、自動的にメール配信されるサービスです。
このメールサービスは誰でも利用できますが、あらかじめ携帯電話やPHS・パソコンでの登録が必要です。登録料は無料ですが、登録の際の通信料とメール送受信、インターネット閲覧等にかかる費用は、登録者の負担になります。
ふなばし災害情報メールの登録・解除方法はこちらから

ShakeOut提唱会議の認定

船橋市シェイクアウト訓練は、日本におけるシェイクアウト訓練の認定事務を行っている『効果的な防災訓練と防災啓発提唱会議(ShakeOut提唱会議)』の認定を受けて実施しました。

バナー2

ファイルダウンロード

この記事についてのお問い合わせ

危機管理課 指導係

〒273-8501千葉県船橋市湊町2-10-25

受付時間:午前9時から午後5時まで 休業日:土曜日・日曜日・祝休日・12月29日から1月3日

アンケートにご協力ください

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。




より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。